トヨタパッソをトヨタ中古車ディーラーに交渉の末に29万円で売却。

10年以上乗っていた、2,000ccクラスの中型車から乗り換えた車が、今回お話しする「トヨタ パッソ」です。家内と二人しか乗らないし、年齢も取ってきたので買い替えをやめようかと思っていたのだが、無いと不便なので軽自動車並みの車でいいやということで買った車でした。

仕事も第一線から引退しこれから車でいろんなところに行こうと思っていたのだが、目に障害があることが発覚。免許証の書き換えはできたのだが、夜とか雨の日などは注意深く運転をしないといけないため、車を手放すことにした。

あまり乗っていなかったパッソの買取相場とは

今までは忙しく、また職場と家の交通の便が良いのでほとんど車に乗っていなかった。そのためにバッテリー上がりなど修理や車検また保険など費用ばかりがかかることもあったのも処分決断の一因です。

その車が、「トヨタ パッソ(KGC10)」年式平成20年型、買ってから7年、走行距離3,500㎞、無事故、無傷、条件はいいだろうとまず近くの中古車業者に見積もってもらうことに。

念のためパソコンでおよその価格を見ていたのだが、25万円前後が相場らしい。最初に持ち込んだ業者さんは見積価格26万円と表示された、そこで30万円が希望なのだがと交渉を開始。

すると最終価格といわれて表示いただいたのが28万円、ただし本日価格といわれ、車を置いて歩いて帰るわけにもいかないし、他でも見ていただきたかったので良ければ今日中にまた来ます、と言ってひとまず引き上げることにした。

トヨタディーラーで査定し売却

1~2日のことなら何とかなるだろうと、あくる日にもう一軒の、トヨタディーラーが経営する中古車買い取りセンターへ行ってみる。ここでの交渉では、先にどこか他へ行ってこられましたか、と言われたので当方の希望価格と先日の業者の話をして交渉開始してみる。

するとここでも今日決めていただけるのなら、ということで、1万円上乗せの29万円を提示していただいた。どうも行った日が微妙だったようで、11月の26日だったので、12月中に再販したかったようだ。

整備して売りに出すのがぎりぎりだったのだ。12月は売りやすく、年が変わると一年落ちになるらしい。なるほど車を売るにも時期があるようだ。なるほどと納得してここで売却することに決定し、昼からまた来ますと契約だけ済ませて急いで家に帰る。

そして、スペアキーを集め、荷物を降ろし、カーナビの履歴を削除して、書類を揃え再び買い取りセンターへ、手続きを済ませて近くの駅まで送っていただき車の売却は終了した。あまりなじみのない車だったがやはり手放すとなると、少しさびしく感じるものだな~と帰りの電車の中で思った。